MENU

意外と怠りがちな首のケアはいつの間にかシワになりますよ!

首元のケアは美顔器がベスト

 

首のたるみはしわを引き起こし、一気に印象を老けさせて(統計的に+8歳)しまいます。そして、首元がたるんでいると意外と目線がそこに集まってしまうものです。

 

これも意外な事実でしょうが、ほとんどの人は、顔よりも首でその人を年齢を判断するともいわれています。

まずは首のシワの原因を知って、確実なケアや予防を行いましょう。
また、イマドキの美顔器を効果的に活用した解消方法も合わせてご紹介していきます。

 

首のシワはなぜ出来る!?その原因とは一体?

首の皮膚の下には頚椎という骨や軟骨、甲状腺があり、その凸凹にそって皮膚にシワができるため、骨格的にどうしてもシワができやすい人もいます。

ですが、やはり一番の要因は加齢などによるコラーゲンの減少によって肌の弾力がなくなることです。

 

首も顔と同じ、肌の弾力はコラーゲンで保たれていますから、加齢によってコラーゲンが減ることで深いシワが刻まれてしまうのです。

 

首のシワが問題なのは「深いシワ」が出来やすいこと。

首は顔と比べると汗腺の数が3倍ほどといわれているので、汗をかくとべたつきやすく、顔ほど乾燥小じわは目立ちません。
その代わり、コラーゲンやエラスチン
といった肌の弾力を保つための真皮層の成分が減ってしまうと一気に深い(真皮性)シワが出来てしまうのです。

 

真皮の変性状態

 

首の皮膚構造とシワの特徴

首の皮膚は目もとや首元とと同じくらいの薄さ(顔のその他の皮膚の2/3程度)しかないのです。

目もとシワができやすい代表的な部位ですが、それと同じくらい皮膚の薄い首は、よく動く部位のため、シワができやすくなってしまうのです。

 

首に横ジワができるのは、首の皮膚割線(ひふかっせん)が横に走っているからで、割線とは、目で見ることのできない皮膚の線のこと。皮膚割線はカラダ中にあり、部位により方向性はさまざまですが、首の場合は横方向なのです。

 

また、痩せ型の人には縦ジワ、ぽっちゃり型の人には横ジワができる傾向があります。

 

 

首は意外と無防備!紫外線の影響がモロに

意外と無防備で忘れがちなのが首の紫外線対策です。首は360度ぐるりと紫外線を浴びやすい部位なので、うっかりしていると1年中紫外線を浴び続けることによってシワが出来やすくなってしまいます。

 

また、紫外線が厄介なのは影響がシミだけではないということ。

 

紫外線ダメージ

 

紫外線UVA波には、肌の奥深く、真皮まで届いてコラーゲンを破壊しシワやたるみを促進させます。

 

首はあまりファンデーションを塗らないために顔よりもむしろ紫外線の影響を受けているといってもいいでしょう。

首のシワやたるみを消す&予防対策は顔と同じくコラーゲンケア!

首にシワやたるみをつくらせないエイジングケアの基本は顔と同じく紫外線対策とビタミンC誘導体などで肌の真皮層のコラーゲンを活性化し増やすケアです。

このときに選ぶ化粧品ですが、首用でなくても顔用のものを使いまわしてOKです。

 

また、首のシワは年齢に関係なく、ケアの仕方次第で大きく「差」が出る部分なのです。ということは、しっかりケアすればずっとキレイを保つことも出来ます。

 

老けた印象にならないように、忘れずにケアしてあげましょう。

 

  1. 保湿を今まで以上に徹底する

  2. 顔よりも皮膚が薄く、乾燥しやすい首は、徹底的に保湿することです。
    朝と夜の1日2回の保湿では、はっきり言って足りません! 

     

    日中も保湿はもちろん、寝る直前にも乳液やクリームでしっかりと。

     

  3. 首のツボ押しマッサージ

  4. 首のシワに有効なのが、ツボ押しマッサージです。

     

    「天窓」というツボへの刺激で血液の循環が良くなると、コリがほぐれて肌にも良い影響があります。

     

  5. 首のエクササイズで筋肉を増強

  6. コラーゲンが減少してきてしまうのはある程度仕方ありませんが、顔の表情金と同じく筋肉を鍛えることは有効です。
    首も筋肉を鍛えることでシワやたるみを予防できますから、意識的に普段から行うことが大切です。

     

  7. 首も年中紫外線対策する

  8. 顔には1年中UVカットを塗っている人でも、首にまで塗っている人はまだまだ少ないのが現状です。
    また、首のシワが深くなりシワの溝にまで紫外線が入り込まずに日焼けした部分とのコントラストで、逆にシワが目立ちます。

 

 

首のケアに美顔器が最適な3つの理由

首のケアにエステナードリフティ

 

これまでに首のシワやたるみを消す、またはこれからの予防対策としていくつか挙げさせていただきましたが、顔のシワやたるみと同じく基本は失われたコラーゲンを増やすケアに集約されます。

また、たるんだ筋肉を鍛えることも重要なコラーゲンケアの一つといえます。

 

しかし、顔のケアはしっかりとしても、意外と首のケアまでしっかりするのは面倒くさいと感じます。

そこまで普段から意識して首なんかみないですからね。
でも、首もシワが1本あるかないか見た目の印象はかなり違ってきます。

 

テレビでよく見る女優さんなんかも顔はバッチリ決まっていても、首をみたらシワやたるみが目立っていることもあります。

 

 

 

 

そこで、一番お手軽に、かつ効果的にコラーゲンケアをしてくれるのが家庭用美顔器によるケアです。

 

 

 

  • イオン導入で効果的にコラーゲンケア出来る
  •  

  • EMS(低周波)で首の筋肉をマッサージしながら刺激し鍛えてくれる
  •  

  • 手でエクササイズするよりも時短で効果も高い

 

上記の3つの理由が家庭用美顔器をおすすめする理由です。

 

家庭用美顔器なら5分程度のこのケアのついでに1分ほど延長するだけで効果的に首もケアできて、キレイな引き締まった首になりますよ♪

 

 

首にシワを招く姿勢を改善

あと、首のシワやたるみを招くのが悪い姿勢です。

猫背でだらんとした姿勢でいると、首の筋肉がたるみ、シワができやすくなります。

 

  • デスクワークの時は前屈みにならないように気をつける
  •  

  • 頬杖をつかない
  •  

  • スマホを見るときは高い位置に持って見る

 

など、歩いているときも立っているときも猫背にならないように気をつけるなど、姿勢が良くなる工夫をしてみて下さい。

まとめ

女性なら皆、実年齢よりも若く見られたいと思うものですよね。目元と同じく首もシワが1本あるかないかで見た目の印象はかなり違ってきます。

 

首のシワは、日頃の姿勢などで防げるものですから、毎日鏡をしっかり見て、姿勢を良くして、出来ないように心がけたいですね。

 

あと、家庭用美顔器をお持ちの方はぜひとも顔と同じく首のケアもリンパに沿って流すようにケアしてみてください。

その一手間いつまでも老けない魅力ある女性としての印象をより一層表現する決め手なるでしょう。

話題の家庭用美顔器「エステナードリフティ」を実体験でぶっちゃけ!

エステナードリフティのリアルな実体験の詳細へ
産後のダメージに加えて子育て・社会復帰と日常の忙しさからふと、気付いた憎き”顔のたるみ”...。

 

加齢のせいだと半ば諦めかけた私を救ってくれたのが、筋肉の専門家「ライザップ」監修のたるみ解消に特化した家庭用美顔器でした。

 

従来の家庭用美顔器のある欠点を見事に解決し、たった週2回のケアで”超ずぼら”な私でも継続することができた理由とは一体!?

 

エステナードリフティのお得な購入情報

エステナードリフティの口コミ

知って得する美顔器の知識

エステナードリフティの効果

エイジングケア・コラム

about...

このページの先頭へ