MENU

乾燥したお肌の保湿ケアが上手くいかない理由

乾燥肌こそ美顔器が必要

 

いくら保湿をしようと化粧水をたっぷりつけても一向に改善せず、余計に乾燥が酷くなる...。

 

時期にもよりますが、乾燥肌に悩む女性は年々増えています。

 

では、なぜこうした乾燥肌保湿しようとしても上手くいかないのでしょうか。

 

そもそも人間の肌には潤いを守る保湿物質があります。
なかでも、角質細胞間脂質と呼ばれるもので、角質細胞のあいだにあって水分の蒸発を防いでいる脂質の一種です。

 

いろいろな脂質が混ざり合って構成されていますが、その多くを占めるのがあなたもご存知のセラミドという最強保湿物質です。

 

これらの脂質の量が減ったりして正常に働かなくなると、肌内の水分を抱えていられなくなり乾燥するということです。肌の中にある保湿物質の生産量は年々老化とともに減少するため肌は乾燥しやすくなるのです。

 

また、角層の水分量が減り乾燥状態が続くと、肌は硬くゴワゴワしてきます。そして、角層が厚くなり角質肥厚という状態になるのです。

 

こうなると、角質層内に存在する天然保湿因子やセラミドが奪われやすく、またゴワゴワ硬くなって化粧水を補っても浸透しません。
バリア機能は低下し、ターンオーバーは乱れ、ますます乾燥肌のトラブルを進行させるということです。

 

恐い!角質肥厚になる原因は?

角質肥厚

 

解説図を見ておわかりと思いますが、正常な角質層に比べるとかなり角質層が分厚くなっています。
肌表面はキメが荒くなり乾燥してきます。

 

では、この角質肥厚になる主な原因については以下に列挙しておきます。

  • 洗浄力の強いクレンジングや洗顔による摩擦や刺激
  • ストレスや疲れ、便秘
  • 紫外線

 

なかでも、よくやりがちなのがクレンジングや洗浄時の摩擦です。

 

洗浄力の強いクレンジングや洗顔フォームで洗うと必要以上に角質層内の天然保湿成分(NMFやセラミド)が奪われ、本来のバリア機能やターンオーバーを乱す原因となります。

 

 

また、気づかないうちに肌を強くこすって洗うゴシゴシ洗顔も、一時的には古い角質を取り除くかもしれませんが、肌の防衛反応が機敏になりより硬い角質層を作り上げていきます。

 

正常な角質の状態を知る

 

正常な角層のお肌はキメが整っている状態のことを指します。

 

肌のキメは、肌の内側がみずみずしく潤った状態でこそ整ってくるものです。

 

角質層内には、「天然保湿因子(NMF)」と「セラミド」が存在しています。
死んだ細胞が何層も積み重なってできた角質層は、自ら水分を保持する能力がありませんので、アミノ酸を主成分とする天然保湿因子やセラミドの水分保持能力に頼らなければなりません。

 

保湿力(水分保持能力)は、この2つの成分で95%以上を占めており、残りは肌表面の皮脂膜が担ってます。
肌のキメを整えるキーポイントは、天然保湿因子セラミドの存在、そしてこれら保湿成分の生成力をつけるスキンケアとなります。

 

正常な角層のお肌とは...

  • 15~20層からなっていて、薄さは0.02~0.03mmが理想
  • 角質層内の水分量が20%前後
  • 天然保湿因子、セラミドがバランスよく満たされている
  • 肌表面には天然クリーム(皮脂膜)があり、うるおい維持と弱酸性でバリア機能が正常に機能

 


本当の保湿の理解と美顔器がおすすめな理由

本当の保湿

 

人間の肌にはもともと水分を維持する仕組みが備わっています。
その機能は加齢とともに低下するので、それを補ってあげるのが、保湿の本当の目的なのです。

 

肌の保水力を与える美容液

 

化粧水をたっぷりつけるよりも「保湿成分を与える」ことが何よリ重要です。

 

保湿はスキンケアの基本ですが、それでも肌が乾燥してしまうという方も多いでしょう。前述したとおり、多くの女性は化粧水などで水分を補うことが保湿だと勘違いしているために乾燥から脱却できないのです。

 

正しい保湿ケアとは肌内部の水分を抱えて離さない、保水力のある成分を配合した美容液などを与えることです。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合した美容液を与え、肌の保水力を高めるのが本当の保湿です。

 

美顔器で保湿美容液が浸透しやすくなる理由

 

乾燥したお肌の保水力を高めるために日中も常に保湿美容液などで潤いを補給する必要があるのですが、乾燥したお肌は角層が異常に厚くなった状態です。
また、乾燥のサイクルにはまるとどんどん厚くなろうとし始めますし、気付いたら凸凹のある変な厚みのある角層ができあがります。

 

こうなると基礎化粧品が浸透しにくい、メイクのノリが悪いなどの弊害もおきてきます。

 

しかし、美顔器を効果的に活用すればこの厚くなった角質層のバリアに侵入して美容成分が肌に浸透しやすくなります。角質ケアにはピーリングなどが有効とされてきましたが、安全性の面でも効果の面でも今では多機能な家庭用美顔器の使用が好ましいといえます。

 

また、美顔器にも種類がありそれぞれがどのような働きと効果をもたらしてくれるのか説明します。

 

超音波美顔器の場合

厚くなった角質層に超音波をあてて1秒間に100万回以上もの振動を与えると、角質層に一時的に小さな空洞がつくられ、浸透を妨げる力を弱めることができるのです。

 

このように肌の隙間に化粧品成分を入れ込むような仕組みとなっているため、成分の性質に左右されることなく浸透させることができます。

 

また、細胞間に隙間を生じさせて浸透させるメカニズムを利用して、バリア機能を高める作用のあるセラミド美容液をとり入れるにも適した美顔器といえます。

 

イオン導入美顔器の場合

エステなどでも当たり前のように使われているイオン導入美顔器は、微弱電流を使って美容成分をお肌の奥まで浸透させるものです。
マイナスイオンを帯びている成分に同じマイナスイオンの電流をあてて、電気の反発し合う原理も利用しています。こうすることで、成分は押し込まれるようにして肌に浸透していきます。

 

このように角質層のバリア機能を弱めたうえで肌の奥に成分を押し届けるイオン導入は、化粧品を普通に塗っただけでは得られない浸透力の高さが特徴です。

 

イオン導入に適しているビタミンCの皮膚浸透性を検証したデータによると、家庭用イオン導入器でも、普通に塗布した場合に比べて2.2倍以上も成分が浸透するといわれています。


まとめ

乾燥肌はとにかく正しい保湿を継続させることでしか改善は見込めません。角質肥厚のように厚くなってしまった角質層は乾燥だけでなく様々な肌トラブルの原因となります。

 

さらに、年齢を重ね、自己回復力が弱まっている角質ケアには未然に防ぐことも重要になってきます。
そのために、肌本来の力を鍛えるスキンケアを徹底すること。

 

自らの肌の力を鍛えて、少しの事ではゆらがない肌を目指していきたいですよね。いきいきとした肌のためには、正しいケアを心がけて肌環境を整えることが大切です。

 

そのためにこうした美顔器の長所を活かした使用を継続できれば次第に肌トラブルとは無縁なキメの整った肌環境が整うでしょう。

 

知って得する美顔器の知識

エイジングケア・コラム

エステナードリフティの購入について

エステナードリフティの効果

その他

このページの先頭へ