MENU

しみはタイプに合わせた対策が必要

エステナードリフティでしみを消す

 

しみが気になり始めたら、あなたならどんなケアをしますか!?

 

大半の人がまずは美白化粧品を探すのではないでしょうか?しみは紫外線によってメラニンが増えたものですから、美白成分でケアすれば薄くなると考えるのも当然ですが実際はそう簡単にはいきません。

 

しみには、原因やできた種類によっていくつかに分類することができます。

 

※あなたのしみはどのタイプ!?

しみの種類

 

美白成分では改善できないしみもある

しみの中でも最も多いタイプは日焼けの積み重ねによってできる「老人性色素斑」です。

このしみの場合は見えるか見えない程度のごく薄い初期段階であれば美白化粧品は有効です。ただし、しっかりと定着してしまったものには効果は期待できません。

 

そもそも美白化粧品とは、メラニンを作り出すメラノサイトという細胞の働きを阻害するものです。

ですから、メラニンが過剰に発生している段階で効力を発揮するのです。

 

定着した老人性色素班、つまり輪郭がはっきり出来上がったものはメラニンが増えているだけではなく皮膚の構造自体に変化が及んでいます。よって美白化粧品で改善することは困難といえます。

 

では、美白化粧品で消えないしみには改善策がないのかといえばそうともいえないのです。

美白成分とエステナードリフティとの最強タッグでしみを消す!

エステナードリフティと美白成分の最強タッグ

 

美白成分のひとつである「ビタミンC誘導体」はメラニンを作る働きを抑え、メラニンの一部を淡色化する効果が認められています。

 

そしてビタミンCは、シミの原因であるメラニン色素を予防するだけでなく、すでにあるシミのケアにもアプローチしてくれます。

 

メラニン色素が生成される際、チロシナーゼ酵素という物質がメラノサイトに「メラニンを作れ」という指示を出します。ビタミンCはこのチロシナーゼの働きをブロックしてくれるのです。また、ビタミンCには紫外線による皮膚の炎症を抑える働きもあるため、シミだけでなく肌トラブルのサポートに期待できる成分なのです。

 

 

美白化粧品は365日使うのが基本!

  • 「夏になったら美白化粧品を使い始めよう!」
  • 「日焼けしたから美白化粧品を使おう!」

 

と、よく思われがちですが、これではシミのお手入れとしては不十分です。多かれ少なかれ紫外線は日々浴びているので、肌内部のメラニンは季節問わず活動しています。

それなのに美白ケアをほとんどしないとなると、メラニンの活動をたまにしか抑えていないことになります。

 

できてしまったシミをなんとかするのは、時間も手間も相当かかります。

 

なので、美白ケアの基本はシミをつくらないという「予防」に専念することが大事なのです。また、しみのできている部位だけでなく顔全体に使いましょう。

 

 

美白化粧品の効果を何倍にもするエステナードリフティのイオン導入効果

イオン導入の仕組み

 

スキンケアでは、肌の深い部分(真皮層)まで浸透できるかどうかは大きなポイントです。これらの肌の深部(真皮層)は、皮膚の土台を支えて張りを生み出し、新たな皮膚細胞を作り出している大切な部分です。

そこへ浸透するためには、バリアゾーンを突破しなくてはならず、それを実現するものがイオン導入です。

 

また、肌への効果が大変高い成分のビタミンCですが、それも機能が働いている部分へ届いてこそ効果を発揮します。残念ながらビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくい成分ですが、幸いなことに水溶性のビタミンCはイオン導入することができます。イオン導入のシステムによって肌への浸透を高め、その効果を発揮することができるようになるのです。

 

また、サプリメントからビタミンCを摂取することも人気ですが、肌にはあまり届けることができないのでしみを薄くするほどの力はありません。化粧品で与えるほうが効率的といえるでしょう。

 

ビタミンC誘導体のイオン導入方法

 

皮脂などが肌についているとビタミンCの浸透が悪くなります。洗顔後、肌に何もつけない状態で行いましょう。

 

  1. コットンをセットする

  2. イオン導入器にコットンをセットします。セットしたコットンにビタミンC誘導体配合の化粧水をたっぷり含ませます。

     

  3. 肌に軽く押し当てる

  4. 肌に数秒間押し当てたら、肌をこすらないように少しずつ移動させ、顔全体をまんべんなくケアします。

     

  5. 鼻の周りや目元も念入りに

  6. 移動させる時は接触面をいったん肌から離しておこないます。

     

  7. しっかりと保湿

  8. ビタミンCを使用すると若干、肌が乾燥しやすくなるので保湿美容液をたっぷりと塗りましょう。

 

イオン導入Q&A

 

Q1:イオン導入のベストな頻度は!?

 

イオン導入器は、製造しているメーカーにより電流値や波形の設定などでスペック(性能)が異なります。そのため使用方法も様々で、当然推奨する使用頻度も異なります。そのため使用方法も様々で、当然推奨する使用頻度も異なります。

 

ただし、一般的にも電気を使うことは、多少は肌の刺激になります。頻繁に行うと肌が敏感な人の場合は赤みが出ることも。イオン導入のお手入れは週1~2回程度を目安にしましょう。

 

Q2:デコルテや背中などのケアも出来る!?

 

デコルテ部分は、骨格的にどうしてもシワができやすい人や紫外線の影響を受けやすく、シミやシワができやすい箇所でもあります。

首はあまりファンデーションや日焼け止めを塗らないため、顔よりむしろ紫外線の影響を受けています。

 

首のエイジングケアは、顔と同様に、紫外線対策とビタミンC誘導体などで肌のコラーゲンを増やすケアが必要といえます。

 

イオン導入器を使って、顔のイオン導入が終わった後、首や胸などデコルテ部分にもイオン導入をプラスする習慣をぜひ始めてみて下さい。

また、背中のニキビが気になる方は、背中にもビタミンCをイオン導入することもできます。

 

まとめ:しみを消すエステナードリフティのイオン導入㊙テクニック

シミをなくすための、即効性のある特効薬は現在も未だありません。

けれども、日頃のお手入れの意識次第では、さらにシミが増えたり濃くなったりすることを防いだり、有効な美白化粧品やエステナードリフティのイオン導入ケアによってシミを薄くし、やがては消し去ることは期待できます。

 

 

イオン導入の効果を高める3箇条

さらにイオン導入のしみ消し効果を高めるために以下の3箇条を実践してみましょう。

 

  1. 洗顔後、化粧水など何もつけていない状態で行う

  2.  

  3. 移動させるときの擦るなどの刺激を極力避ける

  4.  

  5. ピーリング後に行うと肌への浸透率が高く効果的

 

特にピーリング後のイオン導入の効果は絶大で美容クリニックでは、イオン導入の前には必ずといっていいほどピーリングが行われているほどです。ピーリングによって、肌に溜まった古い角質を取り除くと、肌の代謝がよくなり、イオン導入がさらに浸透しやすい肌に整えることができます。

 

ただ少しの手間が必要なので、時間のある時に行えれば良いでしょう。

話題の家庭用美顔器「エステナードリフティ」を実体験でぶっちゃけ!

エステナードリフティのリアルな実体験の詳細へ
産後のダメージに加えて子育て・社会復帰と日常の忙しさからふと、気付いた憎き”顔のたるみ”...。

 

加齢のせいだと半ば諦めかけた私を救ってくれたのが、筋肉の専門家「ライザップ」監修のたるみ解消に特化した家庭用美顔器でした。

 

従来の家庭用美顔器のある欠点を見事に解決し、たった週2回のケアで”超ずぼら”な私でも継続することができた理由とは一体!?

 

エステナードリフティのお得な購入情報

エステナードリフティの口コミ

人気美顔器とリフティを比較

知って得する美顔器の知識

エステナードリフティの効果

エイジングケア・コラム

about...

このページの先頭へ